松戸しげと眼科-プラーレ松戸6F

松戸しげと眼科

047-711-9886

〒271-0092 千葉県松戸市松戸1149-1プラーレ松戸 6F

診療案内

診療時間

診療時間

休診日木曜日(但し、木曜日が祝祭日の場合は除く)、年末年始

社保・国保 各種保険取り扱い

土日祝も診療

診療案内

抗VEGF剤硝子体注射(加齢黄斑変性症・網膜静脈閉塞症・病的近視・糖尿病黄斑浮腫)・レーザー治療(糖尿病網膜症・網膜裂孔)にも対応しております。

アレルギー性結膜炎・花粉症

アレルギー性結膜炎・花粉症

「アレルギー性結膜炎」の中でも、花粉など特定の季節にのみ症状があらわれるものを 「季節性アレルギー性結膜炎」といい、カビ、ダニ、ハウスダストなどが原因で1年中症状がみられるものを「通年性アレルギー性結膜炎」といいます。 花粉によるアレルギー性結膜炎は症状が出る前から、お薬による花粉症の「初期療法」を始めることで発症を遅らせたり、 飛散シーズン中の症状をやわらげることができ、結果として全体のお薬の量を減らすこともできます。毎年花粉によるアレルギー性結膜炎に悩まされる方は、早めにご相談ください。

結膜炎

結膜炎

結膜炎とは、結膜が赤く充血して炎症を起こす病気です。

感染で起こる細菌性結膜炎、ウィルス性結膜炎、アレルギーで起こるアレルギー性結膜炎などさまざまな種類があります。

ドライアイ

ドライアイ

涙の分泌量が減ったり、涙の質が低下することによって、目の表面を潤す力が低下した状態をドライアイと呼びます。現在、日本では約800~2,200万人ものドライアイの患者さんがいるといわれ、オフィスワーカーにおいては3人に1人がドライアイという報告もあり年々増加傾向にあります。目の乾燥感だけでなく、異物感・目の痛み・まぶしさ・目の疲れなど、多彩な慢性の目の不快感を生じます。目を使い続けることによる視力の低下も起こります。気になる方はお気軽にご相談ください。

ものもらい

ものもらい

瞼の脂腺や汗腺が細菌感染によって急性に化膿するもので、瞼の縁近くが赤く腫れて、押さえると痛みがあります。 治療は抗生物質の点眼や内服を行います。化膿が進んだ場合は切開して膿を出すこともあります。汚れた手で目をこすったりしないよう注意が必要です。

白内障

白内障

目の中の水晶体、カメラでいうとレンズの役割をする部分が加齢とともにだんだん濁ってくるため光を遮ってしまい、ものがぼんやり曇りガラスのように見えにくくなり視力が低下する病気です。生まれつき水晶体が濁っている先天性白内障、加齢による老人性白内障(50歳以上の人に多い)、目の怪我によって発症する外傷性白内障、ステロイド剤などを長く服用した場合に起こる白内障、糖尿病でおこる糖尿病性白内障などがあります。

緑内障

緑内障

緑内障(りょくないしょう) 緑内障とは、何らかの原因で視神経が障害され視野(見える範囲)が狭くなる病気で、眼圧の上昇がその病因の一つと言われています。近年、大規模な疫学調査が行われ、40歳以上の日本人の6%近くが緑内障に罹患していることがわかりました。早期発見、早期治療が一番大切な疾患ですので、不安のあるかたは何なりとご相談ください。

眼精疲労・老眼

眼精疲労・老眼

視作業(眼を使う仕事)を続けることにより、眼痛・かすみ眼・充血などの眼症状や、頭痛・肩こり・吐き気などの全身症状が出現し、休養をとっても十分に回復しない状態です。老視(老眼)は、40歳前後から始まる老化現象のひとつですが、眼精疲労の要因ともなります。あまり目が疲れやすいようであれば、眼科医に相談してみましょう。

小児眼科

小児眼科

お子様の近視抑制治療、斜視・弱視治療なども対応しています。学校健診で眼科の受診を勧められた場合は、お気軽にご相談ください。子どもは視覚などの異常を自覚できなかったり、自覚していても症状を伝えられなかったりするため、発見が遅れることがあります。

メガネ・コンタクトレンズ処方

メガネ・コンタクトレンズ処方

お一人お一人の視力やライフスタイルに合わせ、適正なメガネ、コンタクトレンズの 処方を行います。 お気軽にご相談ください。

網膜硝子体疾患(糖尿病網膜症・網膜静脈閉塞症・加齢性黄斑変性症・網膜裂孔など)

網膜硝子体疾患
(糖尿病網膜症・網膜静脈閉塞症・
加齢性黄斑変性症・網膜裂孔など)

網膜とは、カメラで言うフィルムの役割をしている部分で、その中心部に“黄斑”という最も大切な部分があります。硝子体とは、眼球内の大部分を占める、透明なゼリー状の物質です。役割としては、眼球の形態を維持することや、外界からの圧力や刺激を吸収して眼球を守ることです。網膜、硝子体に異常が起こると、突然ものが見えなくなったり、ものが歪んで見えたり、あるいは突然視界の中に黒い点が見えたり、様々な症状を自覚します。

上へ
下へ